メイン画像

口臭の臭い成分は人が嫌う成分

生理的口臭の原因として最も多いのは、口内に溜まった歯垢による悪臭で、歯垢の堆積は不十分な歯磨きによって引き起こされます。 ではなぜ、この“歯垢”がイヤな臭いのもとになるのでしょうか? これには、歯垢が発する“ある成分”が関係しています。 “歯垢”と言うと、何か特別な物質のような気がしますが、簡単に言えば“食べカス”です。 つまり、食べ物に多く含まれるたんぱく質やアミノ酸が歯垢にも多く含まれている、ということです。 たんぱく質やアミノ酸が口内の細菌によって分解されると、メタンチオールに代表される“揮発性有機硫黄化合物(VSC)”を発生しますが、これこそが、人が嫌う臭い成分そのものなのです。 このメタンチオールという臭い成分は、歯垢以外にどんなものに含まれるか?と言うと、例えば、ナッツの一種やチーズといった食べ物のほか、腐敗したタマネギや動物のフン・オナラといった、大多数の人間が嫌うことの多いある種の“不快なもの”にも含まれています。 また、このメタンチオールは、本来は無臭であるガスが漏れた時に気付きやすいよう、“臭い付け”のためにも使われており、人間が本能的に危険を感じる臭いである、と言ってもよいかもしれません。 メタンチオールのほかにも、歯垢からはインドールやスカトールといった「糞臭」を含む成分が生成されてしまうため、あらゆる意味において、口臭は人に不快感を与えるものであるということが、納得できるかと思います。 これらの臭い成分は、歯に堆積する歯垢のみならず、舌に付着する舌苔(ぜったい)と呼ばれるコケ状の物質にも含まれているため、歯磨きに代表される口腔ケアをおろそかにすると、口臭の原因となる臭い成分が口の中にあふれかえってしまうことになります。 以上のような理由から、口臭の原因となる成分は「人が本能的に嫌う物質」によって引き起こされるため、「口臭がキツい人は生理的にお断り」となってしまうのです。 「口臭が嫌われる理由」、決して理不尽なものではありませんね。

嫌なニオイの元は有毒ガスか

口臭の嫌なニオイの元になる成分として、メタンチオール・インドール・スカトールという代表的な3つの物質を挙げましたが・・・

Copyright(c) 2015 あなたの口の臭いは大丈夫? 口臭のサイン All Rights Reserved.